チーム医療のカギを握る医師と看護師。気になる2者の関係性とは・・・?

医療現場の解体新書

ようこそ

「医療現場の裏解体新書」へようこそ!医療の世界に興味のあるみなさまのために、医師と看護師の実態についてまとめてみました。それぞれの、聞いてはいけないホンネに迫ります!どうぞご覧ください。

新着記事

医師と看護師、仲はいいの?

忙しさの中で生まれる不協和音

どの業界でも言えることですが、忙しくなるとなんとなく職員が苛立ってきて、現場がピリピリした雰囲気になったりすることってありますよね?それは医療業界でも同じこと。人の命を預かっているという責任ある仕事なので、もしかすると世間が思うよりもっとシビアなのかもしれません。何か報告があっても「今忙しい!」と言われたり、張り詰めた空気の中ミスをしようものなら「バカヤロウ!」なんて暴言が飛んでくることもあるそうです。では何故医療の現場はいつも忙しいのか。病気やケガをする人が多いから?それだけとは言えません。原因は、医師不足・看護師不足にあります。厚生労働省の調査結果によると、先進国の中で日本の医師数は最低ラインと言われているのです。一方で、人口あたりで算出したベッド数はトップに位置しています。これが医師不足に拍車をかけているのです。看護師も、毎年5万人近くの免許取得者が出ているもののまだまだ足りません。忙しさに関係なく、お互いのことを常に尊重し助け合える関係を気づけたら最高のパートナーといえるでしょう。
sub2-2-1

患者への視点の違いが意見の相違に!

sub2-2-1-2
チーム医療という概念が確立している今、お互いに助け合って働くことがよりよい医療提供へと繋がります。医師・看護師をはじめ、臨床検査技師・薬剤師・理学療法士・管理栄養士などチーム医療へ携わる専門職はさまざま。中でもキーパーソンとなるのが医師と看護師です。そしてこの2者、それぞれ患者さまへの視点が異なります。「結果」を重視しがちな医師と、「過程」を重視する看護師。常に双方のベクトルが同じか言うとそうではありません。医師には知識や経験上からの考えがありますし、患者と一番近い距離にいる看護師ならではの考えがあったりと、意見がぶつかることも少なくないとか。もともと、チーム医療の中心には絶対に患者の存在があります。その軸はぶれないよう、上手にコミュニケーションを取ってもらいたいものです。

信頼関係があれば必ずしも悪くない!

今までのお話で「ドクターとナースの関係って結構デリケートな問題なんだ・・・」と感じた方も多いでしょう。確かにそれは事実ですが、上手に意思疎通できればなんの問題もありません。ではどういうことに気をつければ良いのか。それは、「相手の良いところを見つける」という行動です。関係が悪くなるときは、相手の悪いところばかりが目に入ってくるもの。普段から意識して、相手の良いところを見つけておくと、その人の評価を高めることに繋がります。相手への不満からコミュニケーション不足に、そして患者さまに迷惑がかかる前に「患者さんのため」という根本を忘れないようにしたいものです。

人気の記事

医師と看護師の役割の違いを知りたい!

医師と看護師の役割の違いを知りたい!

医師だからこそできること。看護師だからこそできること。それぞれにしかできない役割とは一体なんでしょう。同じ医療従事者として協力することで得られることとは・・・?

医師への不満と看護師への不満

医師への不満と看護師への不満

たくさんの医療スタッフが集まる病院。中でも医師と看護師はパートナーのような存在です。一緒に共有する時間が長ければ長いほど、嫌な部分が出てくるというもの。そこでお互いの不満についてリサーチしてみました!

医師と看護師の恋愛って?

医師と看護師の恋愛って?

モテ職業のイメージが強い医師と看護師ですが、忙しく出会いがないというのも事実。そこで、医師と看護師とでカップルになることはありえるのか?気になる両者の恋愛観に迫ります!

美人看護師は狙われる?

美人看護師は狙われる?

美人の人もそうでない人も5割り増し・・・!?白衣の知られざる効果とは!?一番近くにいて、嫌な部分も知っている医師でさえもナース服にぞっこんだった・・・!?

PAGE TOP